賢く取り付けニーズに合わせて給湯器選び!生活に寄り添う頼れる機器

給湯器には寿命がある

給湯器

寿命は約10年

給湯器の寿命は約10年と言われています。10年を過ぎると経年劣化により、さまざまな部品が故障しやすくなります。メーカーは給湯器の製造を中止してから、10年間は部品を保管しておくことになっています。そのため古すぎる給湯器には部品がなく、修理を受けられないことがあります。また給湯器全体が古くなっていると、ひとつの部品を修理しても、また別の部品が故障する確率が高くなります。修理代が重なると、結局新品を購入するのと変わらないお金が必要になります。このようなことから、製造後10年を経過した給湯器は、修理するより交換したほうが得だと考えられています。ただし使用状況によっては、もっと長持ちさせることも可能です。

専門業者に依頼する

給湯器の修理はメーカーに依頼する方法と、専門の修理業者に依頼する方法があります。簡単な部分なら自分で直すこともできそうですが、下手にいじるとガス漏れや火災といった重大なトラブルに発生する恐れがあります。また最近の給湯器はマイコンを使った複雑な構造になっていることが多く、電気工事士やガス整備士に任せたほうが安心です。メーカーに依頼すると、基本的に部品の値引きなどはなく、定価で購入することになります。保証期間内なら無料で修理を受けられますが、それ以外だと専門業者のほうが安価で修理できることが多くなっています。業者に依頼する場合でも、まずは見積を取ってみて、交換とどちらが得か検討することは大切です。