賢く取り付けニーズに合わせて給湯器選び!生活に寄り添う頼れる機器

給湯器で安くお湯を沸かす

温水器

お湯を沸かす時に電子レンジを使ってお湯を沸かす方法と、あるいはやかんをガスコンロにかけて沸かす方法、他にも石油給湯器を使って沸かす方法とがありますが、石油給湯器でお湯を沸かしてからガスコンロで沸騰させる方法で、2種類の加熱方法を組み合わせて使うと燃料代を大幅に節約することが出来ます。同じ分量のお湯を沸かす時には、石油よりもガスの方が料金がかかります。こうした理由からも、光熱費節約のためにはできるだけガスの使用は避けたいところです。そのためまずは石油給湯器を使ってお湯を沸かしてから、そのお湯をガスコンロにかけます。石油給湯器ではせいぜい70度から80度程度の温度までしか温める事ができないため、沸騰までの加熱はガスで行います。手間は掛かりますが電子レンジやガスコンロを使うよりも若干安くお湯を沸かす事ができ、お得です。

石油給湯器はお湯を沸かすための燃料に石油を使ってお湯を沸かします。石油は霧吹きのような設備で噴霧され、そして空気と混ぜた状態で着火されます。石油をそのまま燃焼させると効率が悪いのですが、上記のように石油を少しずつ霧吹きのような設備で噴射しながら、空気とまぜて燃焼させる事でお湯を沸かしています。一度着火すると、今度は熱交換器と呼ばれている設備を温めてお湯を温めます。熱交換器がある設備では一度に多くのお湯を沸かす能力が優れています。そのため少ない燃料のみでお湯を安く沸かすことができて経済的なのです。お湯を沸かす時には、できるだけ石油を使ってお湯を沸かすと効率良くお湯を沸かす事ができます。毎日の生活でお湯を沸かす時、工夫してみましょう。